教育方針

"心の「根っこ」を育てるみどり教育"
◆自立できる人間を育てる

幼児期は人間としての「根」の部分を育てる最も大切な時期です。この時期だから出来る、この時期でなければ出来ない、この時期だからこそ躾なければいけない事が沢山あります。物であふれ、甘やかされ放題の今の子供達。自分で考え、行動し、少しぐらいの事にはへこたれない逞しい子に育つよう教育しています。

◆充実したカリキュラム

■ 自然と触れ合い、四季を感じて豊かな感性を育みます。

■「読み」「書き」「計算」「漢字」「習字」や外国人専任講師による「英語遊び」もあります。

■ 粘土や絵画・ビリーで、想造力と指先の力を養います。

■「読み」「書き」「計算」「漢字」「習字」や外国人専任講師による「英語遊び」もあります。

■ ドラム・ティンバレス、ボンゴ、コンガ・ジャンベ・カホンなどの色々な打楽器、エレキギター・ベースでリズム感を養い、ピアニカ、シンセサイザー等の鍵盤楽器で絶対音感を目指します。

■「ケガをさせない体育指導」を徹底し、子供達が大好きなバトンリレー、跳び箱、バスケットボール、ロッククライミング、スラックライン、夏はプール遊び、冬はスキーと、年間を通して体力づくりに力を入れています。

ヨコミネ式教育法

本園は情操教育を重んじ、思いやりのある優しい素直な子供になるよう先生とご両親・ご家族が密な連携を取り、理想的な教育環境を作り上げて行く事を目標とし、運動能力知能の発達を目指します。また、文部省管轄の教育機関である事から、小学校との連携を考慮し、無理なく自然と学力を身につけるための基礎教育を行っております。その一つとして教育学博士の石井勲先生が40年にわたる実践経験から提唱した漢字を使った才能開発を実践しております。さらに平成25年度より上川管内で唯一となる『ヨコミネ式教育方』を正式導入し、正規インストラクターの指導のもと、着々と素晴らしい成果を得られております。

​◆2020年からインフォーマル教育を導入​

‘’自分のしたいことを子ども達が自主的に学ぶ‘’インフォーマル教育が近年注目されています。当園では週に2回、教室内を区切り、それぞれ興味のあるエリア(大工・読書・顕微鏡・パソコン学習・お絵描き・創作人形劇・ままごとetc..)に行き、自分の好きな事に集中し、遊びを通して学んでいきます。

© 2023 著作権表示の例 -Wix.com
で作成されたホームページです。